コラム

スタンプで友だち獲得!LINEプロモーションスタンプとは?

スタンプで友だち獲得!LINEプロモーションスタンプとは?

みなさんは企業が提供している無料のLINEスタンプを使ったことはありますか?
無料でかわいいスタンプがもらえると知って、ついダウンロードしてしまいますよね。

そんなLINEスタンプを、LINE公式アカウントで上手く活用すれば、友だちの数を増やしたり、アカウントの認知を拡大させたりすることが出来ます。

今回はLINEスタンプの種類や活用するメリット、そしてLINEスタンプを活用した集客の施策をご紹介しますので、ぜひご覧ください!

TOPICS
LINEプロモーションスタンプとは?
プロモーションスタンプは誰でも利用できる?
目的によって選ぶ3種類のプロモーションスタンプ
おわりに

LINEプロモーションスタンプとは?

LINEスタンプは、テキストメッセージのチャット内に挿入できるイラストや写真のことを指します。文字よりもダイレクトに感情を表現することができるため、約7割のユーザーがトーク内で使用している機能です。

 

引用:LINE Business Guide 2022年7月-9月期

 

スタンプのなかでも、企業がユーザーに無料または条件付きで提供しているスタンプのことを「LINEプロモーションスタンプ」と言います。

 

引用:LINE Business Guide 2022年7月-9月期

 

LINEプロモーションスタンプを活用するメリットは、友だちとのコミュニケーションツールとしてスタンプを使用することで、「見る広告」ではなく「使ってもらう広告」を実現できるところです。また、ユーザー同士でスタンプを送り合うことでさらに伝播するため、スタンプがユーザーに利用されるほど、企業やブランドの認知を拡大することができます。

 

引用:LINE Business Guide 2022年7月-9月期

 

また、ユーザーがLINEプロモーションスタンプをダウンロードする際にその企業のLINE公式アカウントの友だち追加が必要となります。この導線があることで、一度にたくさんの友だちを集めることも可能になります。

企業は友だちを集めることができ、ユーザーは無料でスタンプをダウンロードできるため、お互いにとって有益な施策と言えるでしょう。

 

 

プロモーションスタンプは誰でも利用できる?

LINEプロモーションスタンプを実施するには、以下2つのどちらかであることが条件となります。

 

  1. LINE公式アカウントを開設していて、LINE社の審査を通過した「認証済アカウント」であること
  2. LINE公式アカウントは開設していないけど、LINE社が定めるLINEプロモーションスタンプ審査ガイドライン※1を通過したアカウントであること

   ※1 審査ガイドライン: https://www.linebiz.com/jp/service/line-promotion-sticker/guideline/

 

1と2のどちらかに当てはまれば、プロモーションスタンプを利用することができます。ただし、それぞれ利用できるスタンプの種類が異なりますので、以下の表を参考にしてください。

 

引用:LINE Business Guide 2022年7月-9月期

 

LINE公式アカウントのなかでも法人・個人を問わず誰でも習得できる「未認証アカウント」はプロモーションスタンプを利用することができません。利用したい場合は、LINE社の審査を受けて、アカウント認証されるための対応が必要となります。

 

 

目的によって選ぶ3種類のプロモーションスタンプ

プロモーションスタンプの種類は大きく分けて3つあります。

 

スポンサードスタンプ

広告主が自社のオリジナルLINEスタンプをLINE内のスタンプショップ経由で無料提供できる広告商品を、スポンサードスタンプと言います。スタンプショップに掲載されることで、ユーザーの目に留まりやすく、ダウンロード数が多く見込めるのが特徴です。一度の実施で、約200万人の友だちを集めることができると言われているため、膨大なリーチ数を獲得したい方におすすめの施策です。

 

一方で、「無料でスタンプがもらえるから」という理由でスタンプをダウンロードし、その後すぐにブロックをしてしまうユーザーも多く存在します。

友だち追加後にユーザーにブロックされないために、スポンサードスタンプを行う際には、LINE公式アカウント内のコミュニケーションもしっかりと設計する必要があります。

 

 価格  3,500〜4,000万円(税別)
 掲載期間  4週間
 掲載開始  毎週火曜日

 ※2022年6月時点

 

 

ダイレクトスタンプ

ダイレクトスタンプは、スタンプショップを介さずに自社のオリジナルLINEスタンプをユーザーに無料提供できる広告商品です。スタンプショップに掲載されない分、比較的実施ハードルが低い価格設定となっています。

ただ、ユーザーにダウンロードされるには、オウンドメディアや自社SNS、LINE公式アカウントでの告知など、広告主がスタンプの告知を行う必要があります。

告知を行わないとスタンプがダウンロードされない可能性もあるため、ダウンロードしてもらえるように他の広告施策の設計も行いましょう。

 

また、ダイレクトスタンプは、ダウンロード可能期間を延長することができます。4週間を延長1回分の単位として、最大で24週(延長3回)までダウンロード期間を設定でき、延長1回分の追加料金は100万円(税別)です。長い期間で実施したい人にはおすすめの施策です。ただし、ダウンロード開始日以降の延長はできないため注意しましょう。

 

 価格  1,000〜1,500万円(税別)
 ダウンロード可能期間  12週間〜
 ダウンロード開始日  平日のみ

※2022年6月時点

 

 

CPDスタンプ

CPDスタンプは、従量課金型の成果保証の広告商品です。スタンプショップに掲載されるプランと、掲載せずに広告主が告知をするプランの2種類が用意されており、最低出稿価格は300万円〜と、他の施策と比べて実施しやすい価格になっています。

 

また、従量課金という特徴を活かした様々なキャンペーン設計ができます。

たとえば、「〇〇を購入した方の先着10万名様にオリジナルLINEスタンプをプレゼント!」というような先着キャンペーンでCPDスタンプを活用する方法があります。

それ以外にも既存顧客限定のキャンペーンや、DMやチラシなどの印刷物を用いたキャンペーンなど、幅広く活用していくこともできます。

 

また、掲載開始後にロットを追加することもできるため、残りのダウンロード数が少なければ追加するなどして、状況に応じた柔軟な対応ができるところも魅力のひとつです。

※ダウンロード上限数に達した、またはダウンロード期間が終了したスタンプのロットの追加はできません。

※実際の消化が発注ロットに達しなかった場合でも、発注ロット・価格での請求となります。

 

■スタンプショップ掲載あり

 価格  840万円〜(税別)
 掲載期間  最長2週間
 掲載開始  毎週火曜日のみ

※2022年6月時点

 

■スタンプショップ掲載なし

 価格  300万円〜(税別)
 ダウンロード可能期間  最大12週間
 ダウンロード開始日  平日のみ

※2022年6月時点

 

このように、LINEプロモーションスタンプにはさまざまな種類があります。それぞれ内容や金額に大きな違いがあるので、どのプロモーションスタンプが自社にとって効果的か、課題に合わせた選定が必要です。

 

また、今回ご紹介した3種類のスタンプ以外にも、ミッションの追加やクリエイターとのコラボなど、LINEプロモーションスタンプにはさまざまなオプションがあります。ほかのスタンプについては、またの機会にご紹介しますね。

 

 

おわりに

いかがでしたか?

LINEプロモーションスタンプを活用した施策は、たくさんの友だちを集めたり、アカウントの認知を拡大させたりすることができます。

 

しかし、LINEプロモーションスタンプを実施するだけでは簡単にブロックされてしまい、せっかく獲得した友だちとコミュニケーションが取れないままになってしまいます。そのため、スタンプを無料配布するだけで終わらせず、友だち追加後のコミュニケーションを設計して、アカウントを運用していきましょう。

 

LINEプロモーションスタンプを実施する場合は、代理店を通じての申込が必要です。※価格はどの代理店でも変わりません。

トーチライトでは、スタンプの申込から、その後のコミュニケーション設計、SNSを横断した広告施策に関してもサポートを行なっています。LINEプロモーションスタンプに興味がある方は、ぜひご相談ください!

 

PORTL編集部

PORTL編集部は、運営している株式会社トーチライトのマーケティングメンバーで構成されています。SNSマーケティング領域において役立つ情報を発信していきます。

シェアする
LineFacebookTwitter

SNSマーケティングのお悩み、
ご相談ください。

お問い合わせ