コラム

LINEでのキャンペーンに欠かせない“LINEポイント”とは?

LINEでのキャンペーンに欠かせない“LINEポイント”とは?

みなさんは、LINEポイントを使ったことがありますか?
私は、学生時代にLINEポイントをコツコツ貯めて、LINEスタンプを購入していました。この記事を読んでいる方のなかにも、地道にLINEポイントを集めている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

LINEのサービス内で利用できる「LINEポイント」は、多くのユーザーに利用されており、LINE公式アカウントでキャンペーンを行う際にインセンティブとして参加者に配ることができます。

今回は、LINEでキャンペーンを行う際に欠かせない「LINEポイント」をはじめ、キャンペーンで活用する方法までご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください!

TOPICS
LINEポイントとは?
LINEポイントを活用したキャンペーンを実施するメリット
キャンペーンでLINEポイントを配布する方法
おわりに

LINEポイントとは?

LINEポイントとは、LINEのサービスを利用することで獲得できるポイントのことを指します。「1ポイント=1円」として使うことができ、LINEスタンプや着せ替え、LINEギフトでの購入、LINE Payでの決済など幅広く利用することができます。

 

また、LINE公式アカウントでは、キャンペーンを行う際にインセンティブとして LINEポイントを配布することができます。

LINEポイントは、性別や年代を問わず多くのユーザーに利用されているため、キャンペーンで活用することですでに友だち追加されているユーザーだけではなく、キャンペーンをきっかけにアカウントの存在を知った新しいユーザー層からの参加も見込むことができます。参加者をたくさん集めたい場合は、「LINEポイント」を活用することも集客の手法のひとつです。

 

 

LINEポイントを活用したキャンペーンを実施するメリット

LINEポイントを活用してキャンペーンを実施すると、大きく2つのメリットがあります。

 

1つ目は、応募から当選通知、景品引換まですべてLINE上で完結できるところです。従来の販促キャンペーンは、参加者が商品についているシールを集めて送り、当選者に景品を贈呈する方法が一般的でした。

しかし、LINEでキャンペーンを行うことによって面倒な手続きをする必要がなくなり、参加者の応募へのハードルが低くなります。さらに、インセンティブとして多くのユーザーが利用するLINEポイントを配布することで、たくさんの参加者を集めることが可能になります。LINE上ですべて完結させられる手軽さと、多くの参加者を集められる集客力はLINEポイントを活用したキャンペーンならではの魅力です。

 

 

2つ目は、Uid(=user ID)を活用した顧客管理ができるところです。

LINE公式アカウントではUidと呼ばれるIDにより、ユーザー1人1人の情報を得ることができます。キャンペーンの実施によって得たUidでユーザーの購買情報も取得できるため、それに紐付けた顧客管理や、ユーザーに合わせたメッセージ配信をすることができます。つまり、企業が保有する顧客データベースに手を加えて大きな開発をすることなく、ユーザーと簡単に1to1コミュニケーションを取ることができるようになります。顧客のデータをLINE内で簡単に一括管理できて、さらにユーザビリティの高い価値を提供できるのは助かりますよね。

 

 

LINEポイントを活用したキャンペーンを行うことで、キャンペーンのデジタル化や集客、顧客のデータ活用までできるようになります。また、自社商品の認知拡大も叶うため、LINE公式アカウントの運用にお悩みの方にはぜひお試しいただきたい施策です。

 

 

キャンペーンでLINEポイントを配布する方法

ここまで、LINEキャンペーンでのLINEポイントの活用をおすすめしたい理由をご紹介しました。

「実際にどうやって LINEポイントを配るの?」と思った方に向けて、キャンペーン参加者へのLINEポイントの配布方法をご説明します。

 

  • ポイントコードの利用

企業は必要なポイント数をあらかじめ購入し、LINEポイントに交換できるPINコードをユーザーに配布する仕組みになります。

ポイントコードは、ポイントを配るためのコンテンツを開発する必要がないため、手軽にキャンペーンを行うことができるという特徴があります。

また、キャンペーン実施前に利用するポイントの数を決めるため、予算管理がしやすいという点も魅力的です。しかし、複雑な条件をつけたポイントの配布ができないため、特定の商品を購入した場合やアンケートに答えた場合のようなシンプルな施策での利用をおすすめします。

 

  • ポイントコネクトの利用

APIを利用してLINEポイントを直接発行する方法です。

キャンペーン実施後に、利用したポイントの数を精算する仕組みになっています。ポイントコードを利用する際とは異なり、複雑なユーザーアクションを行った際にLINEポイントを即時に付与することができるのが特徴です。必要なポイントの数が事前に読めない場合は、ポイントコネクトの利用がおすすめです。

 

実施するキャンペーンによりLINEポイントの配布方法が異なるので、状況に応じて最適な方法を選びましょう。

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

今回はLINEポイントを活用したキャンペーンのご紹介をしましたが、LINEのキャンペーンには他にも種類があります。

「LINEで実施できるキャンペーンの種類をもっと詳しく知りたい!」という方は下記の記事をご覧ください!

LINEを活用したキャンペーンの種類と成功の鍵とは?

 

多くのユーザーに利用される「LINEポイント」をインセンティブとしたキャンペーンを行うことで面倒な手続きがなくなり、多くの参加者を集めることができます。LINEキャンペーンを活用して、自社の商品やサービスの認知を広げていきましょう。

 

トーチライトでは、手軽に始められる施策から大規模なキャンペーンまで幅広いご提案をしています。

「どのようなキャンペーンを行ったら良いのかわからない…」「商品の新しい販売戦略を考えたい!」という方は、お気軽にご相談ください!

 

 

PORTL編集部

PORTL編集部は、運営している株式会社トーチライトのマーケティングメンバーで構成されています。SNSマーケティング領域において役立つ情報を発信していきます。

シェアする
LineFacebookTwitter

SNSマーケティングのお悩み、
ご相談ください。

お問い合わせ