コラム

LINEミニアプリでできることとは?事例とともに紹介!

LINEミニアプリでできることとは?事例とともに紹介!

最近、テレビCMやメディアでよく聞く「LINEミニアプリ」。
スマホでオーダーしたりLINE内で予約が完結できたりと、便利な機能があるのはわかるけど活用方法がわからない!
そんな方へ向けて、事例を交えてLINEミニアプリのより良い活用方法をご紹介します。

LINEミニアプリを活用すれば、LINE公式アカウントのさらなるコミュニケーション最適化が可能です。
LINEミニアプリの利用データを活用して集客・販促を行うことができるので、企業側としてもメリットは多く導入する企業も増えています。導入する前に、LINEミニアプリ活用のその先にあるCRM構築を考えておくことも重要です。
事例から、自社の課題や目的を見直し、自社に合った活用方法を見つけてみてくださいね。

TOPICS
LINEミニアプリとは?〜ネイティブアプリとLINEミニアプリの違い〜
LINEミニアプリを活用するとこんなにプラス!
LINEミニアプリの活用事例をご紹介!〜①来店予約〜
LINEミニアプリの活用事例をご紹介!〜②デジタル会員証〜
LINEミニアプリの活用事例をご紹介!〜③支払い手続き〜
おわりに

LINEミニアプリとは?〜ネイティブアプリとLINEミニアプリの違い〜

「LINEミニアプリ」とは、LINE上で自社サービスを提供できるウェブアプリケーションです。こちらで、ネイティブアプリとLINEミニアプリの違いに触れながら、ユーザー側と企業側の2つの視点でそれぞれのメリットをお話しします。

まず、ユーザー側の視点から2つご紹介します。
①アプリダウンロードが不要であること
LINEミニアプリは、なんと言ってもLINE内で完結することが大きな特徴です。
アプリダウンロードが不要である上に、LINE連携ができるので面倒なログインも不要です。

 

②端末の容量を圧迫しない
アプリダウンロードをしない分、端末の容量を圧迫しません。また、携帯のホーム画面もいくつものネイティブアプリが占拠することなく、すっきりと見えるでしょう。

 

 

次に、企業側の視点から2つご紹介します。
①開発費が抑えられる
ネイティブアプリの場合は、AndroidとiOSの両方を開発する必要がありますが、LINEミニアプリの場合、LINEプラットフォームに対応するように開発をするので、比較的開発費が抑えられます。

②顧客とのコミュニケーション最適化
LINEミニアプリを通して、顧客の購買履歴や来店履歴のデータを収集ができ、LINE公式アカウントがある場合にはそのデータを活用して配信をすることでCRM構築をすることが可能です。

 

 

LINEミニアプリを活用するとこんなにプラス!

では、どんなときにLINEミニアプリを活用するといいのでしょうか。突然ですが、こんなことを思ったことがありませんか?

 

(うちの会社は、ネイティブアプリはあるしLINE公式アカウントもあるんだけど・・・
LINEミニアプリって飲食店向けのサービスじゃないの?)

モバイルオーダーや待ち状況の確認など、飲食店向けに使うものだと思われがちですが、飲食店以外にも活用できる方法があります。
例えば、飲食店などでモバイルオーダーがあるように、LINEミニアプリで美容院の予約はもちろん、会員証のデジタル化、カードの支払い手続きもできるのでLINEミニアプリを使えばLINE内で簡単に手続きすることも可能です。こちらの事例については後半でご紹介します。

LINEミニアプリは、業種問わず多くの企業や店舗に利用されています。
おすすめの使い方は、LINEミニアプリとLINE公式アカウントとで組み合わせて活用する方法です。LINEミニアプリの利用時に、LINE公式アカウントとも自動で友だち追加されるようにすることが可能です。
LINEミニアプリを通して来店履歴や購買データを収集し、LINE公式アカウントからの配信に活用していくことで、顧客とのコミュニケーションを最適化できます。
またCRM構築が可能で、開発費用は要件によって変動がありますが、シンプルな仕組みで300万円〜、データ連携や複雑なロジックを行う場合で500~1500万円程度となります。
トーチライトではさまざまなLINEミニアプリのベンダーをご紹介することが可能ですので、要件に合わせたご提案が可能です。

LINEミニアプリの活用事例をご紹介!〜①来店予約〜

ここから、実際の活用事例をご紹介します。
まずは、LINEミニアプリを活用して来店予約ができる事例です。

某美容院Aでは、LINEトークルームからLINEミニアプリを開き、美容院の来店予約ができる仕組みを導入しました。予約日時が近づくと、LINEでリマインド配信がされるため予約のキャンセルも減らせることも期待できます。
また、ユーザーはそのアカウント友だちにもなるので、定期的な配信などを行うことで顧客を繋ぎ止めて、次回もLINEミニアプリから予約してくれるようなリピーター(継続客)となる可能性も大いに期待できます。
来店予約は、美容院に限らず、飲食店や小売店舗などでも活用することが可能です。こちらLINEミニアプリの機能は、店舗内の混雑状況の確認や混雑緩和にも役立てられています。

 

 

LINEミニアプリの活用事例をご紹介!〜②デジタル会員証〜

某アパレル会社Bでは、LINEミニアプリを活用してQRコードを読み取るだけでデジタル会員証を発行できるサービスを導入しました。
アパレル会社Bが課題としていたのは、新規ユーザーの登録数です。自社アプリの会員数を増やしたいということを目標としていました。

会員証などは、近年デジタル化が浸透しているかと思いますが、その反面アプリをダウンロードすることが多くなったのではないでしょうか。アプリがたくさんあると、どうしてもデータ容量が重くなったりホーム画面もごちゃごちゃしがち…
それも解決できるのがLINEミニアプリなんです。

 

LINEミニアプリの活用事例をご紹介!〜③支払い手続き〜

某金融系カード会社Cでは、ネイティブアプリもあったものの、都度ログインやインストールが必要であることから、ライトな顧客を獲得するべくユーザーの利用ハードルの低いLINEミニアプリを導入。
LINEミニアプリ上で支払い明細を見ることが出来たり、支払い方法の変更などを可能にしました。
LINEミニアプリのリリース後、LINE公式アカウントのメッセージ開封率が大幅アップ、関連リンクのクリック率も高い数値を獲得しました。

 

おわりに

LINEミニアプリについてご紹介しましたが、いかがでしたか?
あくまで上記の活用事例は一部であり、LINEミニアプリに向いている業種は飲食店以外にも様々な業種で利用できることをお分かりいただけたのではないでしょうか。

LINEミニアプリは、顧客とのオンライン上での接点が重要視されるデジタル時代においてぜひとも導入したいものです。また、コロナ禍で3密回避や店員と顧客の接触の最小化が求められる現在、LINEミニアプリの需要は今後もさらに拡大していくと考えられます。

LINEミニアプリを活用する際にはユーザー側のメリットになるサービスを考えることはもちろんですが、企業はLINEミニアプリ活用のその先にあるCRMをいかに良いものにしていくかを考えることが自社の売上向上に繋がることでしょう。
トーチライトではLINEミニアプリの導入相談や、アカウントのKPIや運用方針のコンサルティングサポートなど幅広く行えますので、ぜひ、ご自身の会社にてLINEミニアプリの活用をご検討ください。

PORTL編集部

PORTL編集部は、運営している株式会社トーチライトのマーケティングメンバーで構成されています。SNSマーケティング領域において役立つ情報を発信していきます。

シェアする
LineFacebookTwitter

SNSマーケティングのお悩み、
ご相談ください。

お問い合わせ