コラム

事例で学ぶ!LINE ID連携の活用方法とは?

事例で学ぶ!LINE ID連携の活用方法とは?

LINEのUser IDと企業が持つ顧客の会員情報を紐づけるID連携

ID連携を行うことにより、顧客のニーズを把握するために必要なデータを取得することができます。

 

以前、PORTLではID連携の仕組みとメリットをご紹介しました。

初心者必見!LINEで顧客の心をつかむためには?

 

そこで今回は前回の内容を踏まえて、事例を用いたID連携の活用方法を解説します。

LINE公式アカウントでのデータ活用を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

TOPICS
属性データを生かしたセグメント配信
LINE外のデータを生かしたセグメント配信
ユーザー行動データを生かしたセグメント配信
おわりに

属性データを生かしたセグメント配信

スポーツメーカーX社は、ID連携を活用し、ユーザーの属性情報をもとにセグメント配信を行いました。

 

X社は商品を豊富に取り揃えているため、以前の配信ではメンズやレディース、子供向け商品まで、商品情報を1度の配信にまとめて届けていました。しかし、男性のユーザーはメンズ商品、女性のユーザーはレディース商品に興味を持つように、ユーザーが求める商品はそれぞれ異なります。

この時、X社のユーザーも「自分に合った商品の情報がほしい」というニーズが存在していましたが、現状のメッセージ配信方法ではニーズが異なり、通知が煩わしくなってしまう可能性があります。

そこで、ユーザーのニーズに合った配信をするための手法としてID連携を活用したのです。

 

X社はID連携を行って、自社の会員登録情報からユーザーの性別や年齢などの詳細な属性情報を取得しました。そして、それらの属性情報を紐づけてLINE公式アカウントでセグメント配信を行いました。

「男性のユーザーにはメンズの商品情報」「10〜20代のユーザーには若者向けの商品情報」というように、ユーザーの属性情報をもとにした配信を行ったため、全配信と比べて開封率とクリック率を上げることができました。ID連携を行ったことにより、X 社はユーザーに最適な情報を届けることができたのです。

 

 

LINE外のデータを生かしたセグメント配信

化粧品メーカーY社は、「自分の好みや悩みに合った商品の情報がほしい」というユーザーのニーズに応えるためにID連携を行いました。

 

ID連携を行うと、企業の会員情報などLINE外のデータをLINE公式アカウントでのメッセージ配信に活用することができます。

Y社はID連携で取得したLINE外のデータである「購買履歴」を活用して、メッセージ配信を行いました。今までY社で商品を購入したことがあるユーザーに対して、過去に購入したものに近い商品のセール情報やキャンペーン情報を実際に配信したのです。

 

 

LINE外のデータを簡単にLINE公式アカウントでの配信に活用できるのは、ID連携ならではの魅力です。

 

 

ユーザー行動データを生かしたセグメント配信

人材会社Z社は、ユーザーへのリマインド配信にID連携を活用しました。

 

Z社は以前から、「面談の日程や準備物をリマインドしてほしい」という意見を顧客からもらっていました。そこでZ社が持つ面談の予約情報のデータとLINE ID連携を行い、面談日が近づいたユーザーにLINE公式アカウントで自動的にリマインド配信を行いました。

 

 

利用ユーザーが多いLINEで、面談日や準備事項のリマインド配信を行えばユーザーが見落とすことも少なくなりますし、「今日の面談をすっかり忘れていた!」というようなミスを防ぐこともできます。また、配信を自動送信にすることで、ひとりひとりのユーザーにメッセージを送る手間を省くこともできます。企業側の負担も少なくなるので、ユーザーと企業ともに有益な施策です。

 

 

おわりに

いかがでしたか?

LINE ID連携の仕組みは分かっていても、実際にどのように活用できるのかイメージすることは難しいですよね。

この記事を読んで、ID連携の活用方法を理解していただけたら嬉しいです。

 

今回は、ID連携によってユーザーのニーズを把握した配信を行い、より良質な顧客体験をユーザーに提供した事例をご紹介しました。それ以外にもID連携で実現できることはたくさんあります。

「LINE公式アカウントで◯◯をしたい!」というご要望がございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。トーチライトにいるLINE公式アカウント運用のプロが全力でサポートさせていただきます!

 

 

PORTL編集部

PORTL編集部は、運営している株式会社トーチライトのマーケティングメンバーで構成されています。SNSマーケティング領域において役立つ情報を発信していきます。

シェアする
LineFacebookTwitter

次回開催のセミナー

次回の開催をお待ちください

次回の開催をお待ちください

SNSマーケティングのお悩み、
ご相談ください。

お問い合わせ